国内MBAのデメリットとは

国内MBAのデメリットって何だろう

国内MBAを目指されるにあたり、当然、メリットとデメリットが存在すると思います。
今回は、デメリットについて、考えてみたいと思います。

 

MBAのデメリット

MBAプログラムには、次のようなデメリットが考えられます。

費用

MBAプログラムには費用が当然掛かります。学費や教材費などが含まれます。また海外MBAとなると留学費用などもかかりますし全日制であれば、生活費もかかります。
国公立であれば、授業料を低く抑えることはできますが、人気校は競争倍率も高いです。

時間

MBAプログラムは基本的に2年間の通学が必要です。夜間のスクールであったとしても、日々の業務をこなしながら欠席せずに
授業を受けることは会社などの周りの理解がないと難しいかもしれません。場合によっては、仕事の支障になってしまう場合もあります。

学位の価値

MBAは高い費用を払って取得する一方で、求人市場に出ている条件には必ずしもMBAが必要でない場合が多いです。
他の資格試験や、単科講座など、本当にご自身にとってMBAが本当に必要なのか考えてみる必要があります。

ストレス

MBAプログラムは非常に忙しく、プレッシャーも高いため、ストレスがたまることがあるかもしれません。
特に1年目は必修科目も多いので、課題や試験をこなすだけで大変です。

まとめ

以上のように、MBAを取得するデメリットがある一方で、メリットもたくさんあります。
それらを比較しながら、MBAを取得する必要があるのか、考えてみるのもいいかと思います。