国内MBAの受験準備期間はどれくらい?そんな疑問に答えます

予定表イメージ

国内MBAの受験を目指される中で、どれくらいの準備期間が必要か気になる方もいるのではないでしょうか。
実際に面談でもどれくらいの期間が必要なのか、質問を受けることがあります。
今回は、準備期間に不安を抱えている方に対して記事を書いてみようかと思います。

国内MBAの受験準備期間

ここでは、早稲田や一橋などの夜間MBAを想定して書いていきたいと思います。NIKKEN MBAでは4月から受講を開始して
9月末に出願、そして筆記試験と面接が終わるのが10月ということで約半年間の準備期間が理想的だと考えています。
というのも、研究計画書の作成や小論文の基本的な書き方の習得、面接の練習などを考えると、1‐2か月で対策を
取るのは難しいです。よほど、日ごろ文章を書くことに慣れていて、これまでの経験や職歴などをしっかりと
棚卸が出来ていて、MBAの志望動機と将来のキャリがゴールを描けている方であれば短期合格も可能かと思います。

以上のように、MBAの受験準備期間は個人差がありますが、通常は半年程度と考えます。

志望動機の作成についてはこちら。
国内MBAを志望する理由とは。志望動機について。

関連するトピックについてはこちら。
アカデミックと実務寄りの国内MBA。おすすめは?