国内MBA受験に予備校は必要か?予備校のメリットとデメリット

講義イメージ
国内MBAの受験に予備校は必要なのか

国内MBAを目指される方にとって、周りに受験した経験者がいないと情報も取得できません。
だからといって、国内MBAを受験するのに予備校に入る必要はあるのでしょうか。
今回は、そうした方に対して予備校が必要な人はどのようなひとで、必要のない人はどのような人なのかについて
書いてみたいと思います。

国内MBA予備校のメリット
  • 合格に必要な学習内容を絞り込むことができ、効率よく学習できる
  • 試験対策に特化したカリキュラムがあり、試験に合格する確率が高くなる
  • 受験に熟知した講師の指導が受けられる
  • 国内MBA予備校のデメリット
  • 費用が掛かる
  • 自己学習が中心のため、自己管理能力が必要
  • 予備校が必要な人とは

    以上のように、国内MBAの予備校は、合格に向けて効率的に学習できるメリットがある一方で、費用が掛かるということがデメリットとして考えれます。
    また、試験から逆算してスケジュールを立てて、必要な準備をタスクに落とし込んで実行する能力とこれまでに経歴や
    どうしてMBAをとりたいのかなどしっかりと言語化できる方であれば、予備校に通う必要はないと思います。
    準備を進める中で、どうしても自分だけで勉強するのは難しいというのであれば、様々な予備校が存在しますので
    相談されてみるのもいいかもしれません。

    関連記事はこちら。
    国内MBAの受験準備期間はどれくらい?そんな疑問に答えます