2022年度(2023年入学) MBA合格実績

25名受験して16名合格

 

筑波大学大学院ビジネス科学研究科

 3名受験して2名合格

筑波大学大学院 国際経営プロフェッショナル専攻

2名受験して2名合格

東京都立大学大学院経営学研究科経営学専攻

2名受験して0名合格

一橋大学大学院経営管理研究科(経営分析)

1名受験して1名合格

一橋大学大学院経営管理研究科(経営管理)

4名受験して2名合格

慶應義塾大学大学院経営管理研究科

   1名受験して0名合格

早稲田大学大学院経営管理研究科(夜間主総)

 3名受験して2名合格

早稲田大学大学院経営管理研究科(プロ)

 1名受験して0名合格

神戸大学大学院経営管理研究科

    1名受験して1名合格

青山学院大学大学院 国際マネジメント研究科

4名受験して3名合格

立教大学大学院 ビジネスデザイン研究科
 1名受験して1名合格

中央大学大学院 戦略経営研究科

    1名受験して1名合格

立命館大学大学院経営管理研究科

   1名受験して1名合格

 

総評

東京都立では予想以上に苦戦しました。筆記試験の対策もしっかりと行わなくてはいけないと改めて感じています。
すべての受験者の面接での質疑応答をみると、合格者の方に共通しているのは、しっかりと受けごたえができています。
弊校でもしっかりと原因分析を行い、来年の対策をしっかりとっていきたいと考えています。

 
関連する記事はこちら。
【国内MBA】ビジネススクールの面接試験とは。傾向と対策
【国内MBA】研究計画書の対策とは。志望動機編