40代、50代でも国内MBAに合格できるのか?年齢の壁はあるのか

40代、50代でも国内MBAに進学する意味はあるのでしょうか。
よく質問で、40代や50代で国内MBA進学するのは難しいでしょうかというご質問を頂くことがあります。
今日は、ミドルキャリアについて考えてみたいと思います。

 

40代、50代でも合格できるのか

結論から申し上げますと、実際に当校でも多くの40代、50代の方が入校されて、合格されています。
国内のMBAでは、各校によって異なりますが、基本的には研究計画書と面接で合否が決まります。
※一部の学校では小論文試験などが課されます。

研究計画書は、職務経歴や入学後に何を勉強したいか、卒業後のキャリアなどを記載することが求められることが多いのですが
40代、50代のかたはキャリアを長く経験されているので、各内容については困ることはないかと思いますが、逆に
どの内容を強くアピールして、どの内容を少し抑えるのかという取捨選択が必要になります。

小論文についてはこちら。

 

40代、50代で進学する意味はあるのか

進学される目的は様々です。体系的に経営学の知識を習得したい、メンバーマネジメントを科学的に分析し実践したい、
多くの方が、ご自身のキャリアの節目で悩まれることはあるのではないでしょうか。
大事なのは、なぜMBAが必要なのか、卒業してからMBAをどう活かすかということです。
私自身、40歳で決意をして国内MBAの全日制のコースに進学しました。これまでのキャリアをリセットすることにもなるので
不安なこともあったのですが、今思えば進学してよかったと感じています。
ですので、しっかりぶれない目的をもって、進学するのであれば何歳からでも挑戦できると思います。

 

40代、50代の方には夜間MBAかExcective MBA

実際に進学となると、すでにミドル、トップマネジメントの年齢である40代、50代の方にとって、
進学のために、全日制の学校に通うことは難しいと思います。そうすると、選択肢としては
働きながら進学ができる夜間のMBAかExcective MBA(EMBA)ということになります。
EMBAは社会人経験が約15年以上あるマネジメント向けのMBAです。
ただEMBAのプログラムを提供しているのは国内では慶應をはじめとして数校にとどまり、2021年には
一橋ビジネススクール 国際企業戦略専攻では募集を終了しています。
今後のキャリアや、どのような学びを深めたいのか、通いやすさなどを考慮して選択するといいかと思います。

国内MBAについては、こちら。
国内MBAとは